Japan Guideでスイス人の彼氏を見つける方法

  • 2017-3-12
今回は、忘れないうちに書いておきますね。

私が、外国人の恋人が欲しくて登録していたアプリは、『ジェーピーマッチ』です。

日本人向けのアプリですが、日本に住んでる外国人が多いので当時は、便利だったんですよ。

最近は、Facebook系に外国人が多いですよね。特に『Omiai』は、鉄板アプリです。

-----------


日本に興味のある外国人が集まるサイトでスイス人との出会い

私はいつの頃からか「運命の人とはネットで出会う」という確信をもっていました。

それ以前に「外国人と結婚する」というのは高校生くらいには決めていました。地元の新潟県では外国人と出会う場所はほとんどありませんでしたから、一番手っ取り早いネットを利用するのは当然だと思っていました。

見つけたサイト『ジャパンガイド』の友達募集欄で登録されている、自分が気になる国出身の人のプロフィールを見て自分に合いそうな人を探しました。

そして気になるスイス人を見つけ、すぐにメールを書きました。そしたら翌日には返事が来て、お互いの自己紹介をするメールのやりとりが毎日続きました。

メールをやりとりすればするほどお互いにさらに興味がでる感じでした。

そこで私は会社に休みを約10日間程もらってメールで出会ってから約1ヶ月半後にスイスに会いに行きました。

チューリッヒ空港に迎えに来てもらい、彼のアパートに滞在しつつ、彼の両親や親戚にも会いました。日本に帰国する最後の日、彼は何故か「もう会えないかも」と思いレストランで食事中に泣いていました。

人を簡単に信用してはいけない

日本で生まれ育ったほとんどの人は身の危険を日常に感じることなく平和に過ごし、初めて会う人にも警戒感を持つことなく、親切に接し、簡単にその人を信用したりするのが当たり前となっていますが、日本以外の国ではそうではないと知りました。

また日本人はすぐに「すみません」と何かある度に謝りますが、それも自分に非がない場合は言う必要はないということも分かりました。例えば道路を歩いていてぶつかりそうになった時、お互いに左、右に行こうとステップを踏んだりしてすれ違い際に日本人だったら軽く「すみません」と一言軽く言いますが、これはお互い様で自分だけが悪いわけではないので謝る必要はないそうです。

しかしすぐに謝る日本人は逆に「とても礼儀正しい」と感じる外国人もいるので感じ方は人それぞれみたいです。

出会ってから1ヶ月半後に私がスイスに会いに行き、それから約4ヶ月後に10日間程、彼が日本に私に会いに来て、両親にも会い、それから約3ヶ月後にはスイスで結婚しました。

ネットで出会ってから2回しか会っていませんが連日のメールのやりとりだけで仲を深め1年以内に結婚に至りました。

覚悟があるならまずは行動

日本人との出会いもそうですが、外国人と出会いたいのであれば自分ができる範囲でとにかく行動することが大事だと思います。

自分の理想とする人を頭の中で日々イメージしつつ、自分の直感にしたがって「出会いのある場」に自ら踏み込むべきです。

やはり「共通の何か」があるとお互いにすぐ興味を持てるので、普段から自分の好きなことは何か、どういう人生観を持っているのか、将来はどんなことをしてどこで住みたいのか、はっきりと自分の意見を固め、それを言えるようにしておくと出会った後もその恋愛を続けるにあたって良し悪しを判断するいい材料になるかと思います。


<<< 【特集記事】ネットで外国人の彼氏を検索する裏技

ページ上部へ戻る