フランス人男性に出会える意外な場所!?ナンパされて交際スタート!

  • 2017-3-13
今回は、忘れないうちに書いておきますね。

私が、外国人の恋人が欲しくて登録していたアプリは、『ジェーピーマッチ』です。

日本人向けのアプリですが、日本に住んでる外国人が多いので当時は、便利だったんですよ。

最近は、Facebook系に外国人が多いですよね。特に『Omiai』は、鉄板アプリです。

-----------


京王線の車内でフランス人にナンパされ交際開始

当時私は新宿にある会社で営業事務をしていました。

海外のクライアントも多かったため仕事で英語を使うチャンスもあり、英語での日常会話には苦労しないくらいの語学力もありました。

外国人の知り合いはたくさんいましたが恋愛対象として考えたことはなく、外国人と付き合いたいと思ったこともありませんでした。

ある日、仕事を終えいつものように京王線に乗ると、奥のほうから外国人男性の視線を感じました。

なんだろうと思い見返すとあわてて視線をそらされたので気にしませんでした。相模原線に乗り換えるため調布駅で降りようとすると、さっきの彼が「スミマセン!」と話しかけてきました。

カタコトの日本語で自己紹介を始める彼に「降りて話していいですか?」と聞くと彼はうなずき一緒に調布駅で降りました。

思いつめたような顔をした彼が心配になり、パルコの中にあるカフェに入りました。

彼がフランス人であること、フランス語講師の仕事をしていること、私の仕事のことなどを話しました。帰り際に連絡先を交換して友達から交際が始まりました。

いつから恋人になったのかは分かりませんが初キスはそれから二週間後、二人で行った高尾山の山頂でした。

遠距離恋愛の末、結婚

交際をスタートさせてから順調にお互いの距離を縮め、半年後には私が住んでいたアパートで同棲をスタートしました。

私の両親は古風なため結婚していないのに一緒に住むのはおかしいと反対されましたが、彼が私と真剣に交際していることを両親に説明してくれました。

彼の母国フランスでは同棲せずに結婚するカップルは少なく、一緒に住めばお互いの価値観などがもっとよく分かると言われました。

同棲生活を続けるうちに結婚に対しての意識が強まりましたが、ちょうどそのころ彼の仕事が減ってきました。

彼は正社員ではなく収入も不安定で、仕事に対する不安をずっとかかえていました。

彼に不満はありませんでしたが子供を産むことを考えると結婚に不安がありました。

二人で考えた結果、彼がフランスに戻り就職したら結婚することに決まりました。日本とフランスの超遠距離恋愛が始まり、週一回のスカイプでお互いの近況を報告しあいました。

彼の仕事がなかなか決まらず遠距離は二年続きました。

二年のあいだに会ったのは三回だけで、フランス語の猛勉強をして孤独感を紛らわせました。

その後なんとか仕事を見つけた彼と無事に結婚し、現在はフランスの地方都市で暮らしています。

フランスに住むことになるとは夢にも思いませんでしたが、子供も二人産まれ充実した毎日を過ごしています。

日本でさびしい思いをしている外国人はいっぱい

外国人はナンパで外交的というイメージがありますが、真面目でシャイな人も実は多いようです。

彼も私に声をかけることは勇気が必要だったと言っています。彼によると日本人女性には声をかけるスキがないそうです。

見つめられたら見返すなど声をかけやすい雰囲気を作ってあげるとナンパされやすくなると思います。また、外国人と付き合いたかったら語学力を磨くのは当然です。

生徒と容易に付き合うような外国人講師は少ないと思いますが、クラスメイトの紹介を通して外国人に出会うケースもあるのでスクールに通うのはおすすめです。


<<< 【特集記事】ネットで外国人の彼氏を検索する裏技

ページ上部へ戻る