語学学校でクラスメートのスペイン人と国際結婚する方法

  • 2017-3-21
今回は、忘れないうちに書いておきますね。

私が、外国人の恋人が欲しくて登録していたアプリは、『ジェーピーマッチ』です。

日本人向けのアプリですが、日本に住んでる外国人が多いので当時は、便利だったんですよ。

最近は、Facebook系に外国人が多いですよね。特に『Omiai』は、鉄板アプリです。

-----------


留学先のロンドンで語学学校のクラスメートだったスペイン人と

もう10年以上前になりますが、イギリス、ロンドンに短期語学留学しました。

語学学校でクラスメートだったスペイン人にどうやら好かれ、彼のあからさまな態度でクラスメート全員がスペイン人の恋を応援しているような状態になりました。

朝少し遅めにクラスに入ると、必ず彼の隣の席が空いていたり、クラスメート同士で日帰り旅行に行くと電車やバスの席は必ず彼の隣に座らされ、食事に行っても席は彼の隣でした。周りは半分冷やかしで面白がっていた部分もあったと思います。彼はさすがスペイン人、情熱的でした。

短期留学の最後の方、それまでは他のクラスメイトも一緒に遊びに行ったり食事をしたりが多かったのですが、彼からの猛アタックが始まり初めて二人きりでデートをしました。

ロンドン、ノッティングヒルというところで行われるパレードを見に行こうと誘われました。

そこで、ものすごい人ごみに紛れて手を繋いだのがファーストコンタクトでした。

彼から特に告白のようなものをされたわけでもないですが、とにかく態度があからさまで、彼の気持ちはよく伝わってきましたが、私はもうすぐ日本に帰国しなければならないし、スペインに行くこともイギリスにまた戻ってくることも考えられなかったので、留学中の良い思い出かな、程度にしか考えていませんでした。

留学から帰ってその後

短期留学が終わり私は日本へ。その数ヶ月後まで彼はイギリスで留学を続け、のち、スペインへ帰国しました。

毎日毎日メールが届き、国際郵便で手紙や写真が届きました。

日本に来る!どうしても行く!というので、日本に来ることになり、超遠距離恋愛をすることになりました。

なんというか、彼の猛烈なプッシュに押され負けたような感じでした。超遠距離恋愛はなかなか大変でしたが、当時私も大学生でバイトに遊びにダイエットにとあれこれ忙しく、束縛のない関係が楽な部分もあったので続いたのだと思います。

彼は日本に3回ほど来日しました。私の両親ともとっても仲良くなりました。私も大学の夏休みを利用してスペインに1ヶ月長期で遊びに行ったりしました。
大学を卒業したら結婚してスペインに来て欲しい!!とプロポーズされ、私ももう、本当にノリで結婚を決め、スペインに行きました。

スペイン語も話せず、スペインのこともほとんど何も知らずに行ったので、大冒険でしたし、今思うと無謀でした。「結婚はタイミング」とか「ノリ」と言いますが、国際結婚はさらにそういう勢いが無いと結婚には至らないと思います。

積極的に国際交流する機会を探し出向く

現在は外国人留学生が増え、日本に住む外国人もたくさんいるので、特に出会いを求めて海外に出たりしなくても国際恋愛をできるチャンスはいっぱいあると思います。
外国人の通う日本語語学学校や留学生の多い学校では国際交流の会が開かれていますし、FacebookなどのSNSでも、国際交流グループやパーティーが見つけられるので、そういうところに積極的に顔を出し交流することで、何か出会いはあるのではないでしょうか。

Language Exchangeの希望者もネットなどで探してみるといいかもしれません。ランゲージエクスチェンジは、日本語を少し話したい(ペラペラではないかもしれない)外国人と、外国語が話したいあるいは外国語に少し触れたい(堪能じゃなくても全然大丈夫)な日本人が、お茶をしたりしてちょっと交流しましょうというシステムです。

お金をやり取りして言葉を教わったり教えたりするのではなくて、あくまで交流するのが目的なので、そこから恋愛に発展するカップルも結構いると聞いています。
東京は特に、外国人が多く利用するバーやパブがありますから、そういうところを検索して飲みに行ってみるとお友達ができるかもしれないです。


<<< 【特集記事】ネットで外国人の彼氏を検索する裏技

ページ上部へ戻る