カナダ・ケベック州の語学学校でイタリア人に口説かれてみたぁ!

  • 2017-3-21
今回は、忘れないうちに書いておきますね。

私が、外国人の恋人が欲しくて登録していたアプリは、『ジェーピーマッチ』です。

日本人向けのアプリですが、日本に住んでる外国人が多いので当時は、便利だったんですよ。

最近は、Facebook系に外国人が多いですよね。特に『Omiai』は、鉄板アプリです。

-----------


カナダの語学学校で出会ったイタリア人と

全世界共通かもしれない、”イタリア男に気をつけよう”、でもまさか自分がカナダでイタリア人と恋に落ちるとは思っていませんでした。

英語をブラッシュアップさせるため、若かりし日のわたしはカナダ、ケベック州へ留学しました。

ケベック州の公用語はフランス語です。自分の意思の弱さを自覚していたので、日本人が多いと言われるカナダ西部を避け、東部に行くことに決めたのでした。

ツテをたどって、日本では情報が載っていなかった地元の小さな語学学校に入りました。

そこは聞いていた通り、日本人はおらず、ラテン系の生徒ばかりです。学校の方針とも合い、どんどん語学力が上がったわたしには余裕がうまれ、スクールの友達とクラブに遊びに行ったのです。

そこに来ていたのは、同じスクールに入学したばかりのイタリア人。イケメンの割にシャイな年上の彼が可愛くみえて、なんとなく2人で遊びに行くようになったのでした。

やっぱりジェラシーのかたまりだった!

お互い好きになったわたしとイタリア人は付き合うようになりました。

イタリア人の彼にとって、カナダ、ケベック州の公用語であるフランス語は得意分野です。というよりイタリアでは当時、英語ではなくフランス語を学校で学んでいたようです。ケベックですらすらとフランス語を喋る彼がかっこよくて、ユーモアもあるし、愛情表現が豊か、とてもチャーミングな彼にどんどんはまっていきました。

ところが、割と早いうちに彼のひどいヤキモチ焼きが発覚します。わたしが迷惑メールを消したところを見た瞬間、「さっきのメールは誰から?迷惑メール?嘘でしょ、なんで消したの?」とあり得ない質問がくるのです。

少しでも連絡がつかないと男と会っている、花を買うと誰か男を部屋に呼ぼうとしている、といつもいつも疑われ、その度に口論になっていました。最後には日本とイタリアで遠距離恋愛になりましたが、なにかあるごとに疑われ、さらに一生懸命覚えたイタリア語も笑われ、これは何なのだろう?と悩むようになりました。

結果は言うまでもありません。2年お付き合いをした後、別れました。

意思疎通は丁寧に、でも一番大切なのは自分

外国人を恋人にするのには、どんどん自分から行動していくことだと思います。

留学までしなくても、旅先のお試しレッスン(語学だけじゃなくスポーツなどもあり)に飛び込んでみるのもおすすめです。

日本国内ですと、外国人も多く参加しているSNSで自分をアピールするのがひとつの方法だと思います。

ただ日本人と遊びたいだけの人もいるかもしれません。だからこそ深い会話はたくさんすべきです。外国人が好き!というアピールではなく、あなたの○○なところがすてき、と丁寧な意思疎通をすることが大切です。

国の違う彼との恋愛はドラマチックに思えるでしょう。でも自分が失敗したからこそ伝えたいのは、当たり前のことだけど、どんな人とでも普通の恋だということです。この人を逃しちゃ後悔する、なんて思って突っ走らないで、まずは自分を一番大切に考えて賢い女性になってください。

その上で、とてもすてきな人と出会えますように!


<<< 【特集記事】ネットで外国人の彼氏を検索する裏技

ページ上部へ戻る