アメリカ人からナンパされる福岡のバー【体験談】

  • 2017-3-21
今回は、忘れないうちに書いておきますね。

私が、外国人の恋人が欲しくて登録していたアプリは、『ジェーピーマッチ』です。

日本人向けのアプリですが、日本に住んでる外国人が多いので当時は、便利だったんですよ。

最近は、Facebook系に外国人が多いですよね。特に『Omiai』は、鉄板アプリです。

-----------


福岡のバーでアメリカ人留学生からナンパ

今から20数年前の話になりますが、まだ私が10代だった頃の話になります。

忘れもしない1992年12月19日。その日は高校の時の同窓会がありました。

しかし同窓会がつまらなかったので、女友達2人と外国人が沢山集まると言うバーに初めて行くことにしました。

お店に行ったまではよかったのですが、まだ10代だった私達には、お店の雰囲気が余りにも怪しかったので帰ろうということになりました。

しかし友達の1人が「折角ここまで来たのに帰るのはもったいない」という言葉に皆が共感し勇気を振り絞って中に入って行きました。

階段を降りてお店の中に入る時に、何人かの視線を感じましたが緊張していたので、その視線を楽しむ余裕などありませんでした。

私がお店に入って来る様子を見ていたアメリカ人の留学生に、その後ナンパされました。当時私は英語が喋れず、彼の言っていることが全く理解できませんでしたが、今では良きパートナーとして20年間そのアメリカ人留学生と暮らしております。

恋愛中に国による価値観の違いを感じた事はそんなにありませんでした。

唯一あると言えば時間を守れない言う事です。待ち合わせの時間が9時だとすると、彼の場合は9時に用意を始めますね。

付き合った頃は其のことでイライラしましたが、慣れてしまえば全然気になりません。と言うよりも、一個人としてしての価値観の違いを感じたことは沢山ありました。

例えば私の母と話をする時、名字で母の事を呼びます。お義母さんなんて一度も呼んだことがないです、これから先もないでしょうね。母から私に文句がきますが、アメリカでは義理の母親の事を「お義母さん」など呼ぶ習慣がないと言っております。

他には、自分のしたい事を我慢してまで他の人に合わせようなんてしませんね。

私の親戚との食事会があった時も、彼はジムに行きたかったのですが、きちんとジムに行って遅れて食事会に来たことはありました。

この時は流石に驚きましたが…アメリカ人の皆が彼みたいではないと思うので、個人としての価値観の違いだと思っています。

国際恋愛にあこがれている人へのアドバイス

まず相手の言葉が話せるように努力することが大切だと思います。

相手の方にも、日本語が話せるように頑張ってもらうことが大切だと思います。

後は、日本人女性は賢く男性を立てることがとても上手に出来るので、ありのままで行って大丈夫だと思います。国際恋愛だからと余り深く考えずに、自分の気持ちに正直になり、相手を思いあっていけば国際恋愛でも何も問題なく上手くやっていけると思います。


<<< 【特集記事】ネットで外国人の彼氏を検索する裏技

ページ上部へ戻る