フィリピン人女性がセックスを武器に日本人を口説くアンダーグランドなアプリの実態

今回は、忘れないうちに書いておきますね。

私が、全盛期に、外国人の恋人が欲しくて登録していたアプリは、『ジェーピーマッチ(http://jp.match.com/)』です。

日本人向けのアプリですが、日本に住んでる外国人が多いので当時は、便利だったんですよ。

>>> 【関連記事】ジェーピーマッチで外国人を検索するには?

最近は、Facebook系に外国人が多いですよね。

Omiai』は、鉄板アプリだし、『Pairs』や『Matchbook』も外国人参加者が増えてる。

では、今回の記事は、、、、


日本で男を探すフィリピン人女性

フィリピン人の数は、一時期に比べると、かなり減った。

その理由は後で詳しく書く。

普通に、フィリピン人と付き合おうって考えて、まず思い浮かぶのは、アプリ。

外国人が出没することで知られているフェイスブックアプリomiai(http://facebook.com/omiai/)で、久々にフィリピン人を検索してみた。

1か月以内のログインという条件付きなので、それほど多くはヒットしなかったが、それでも、確実にフィリピン女性は存在している。

結構、かわいい子もいた。

でも、今回、話題にするのは、この手の健全な恋愛サイトではない。

フェイスブックアプリの恋愛系は、本来、日本人向けのマッチングサイトだから、フィリピン人女性はあまり注目されていない。

だから、競争率が低くて狙い目だって考えることもできるんだけど、今回は、その話も書かない。

今回は、色仕掛けで必死で日本人男性を口説くフィリピン人のお話。

キッカケは、出会い系サイトで猛烈にアピールして来るフィリピン人女性だった

ある海外の出会い系サイトに登録したら、やたらとアピールして来る、セクシーなフィリピン人がいたんだよね。

あっ、その前に、断っておくが、私は、フィリピン人女性と恋愛がしたくて海外のマッチングサイトに登録したのではない。

当時、英語を勉強していたのだが、金がなかった。

そこで、ネットで友達を作れば、タダで英語が学べるだろうと考えた。

フェイスブックが流行る前のことだから、ネットで国際交流に励む日本人の数は少なかった。

でも、イギリス人やアメリカ人は当時から人気が高くて、私のように中学英語レベルの人間は相手にされなかった。

そこで、あえて、英語圏を避けるようにしたら、外国人女性の友達が一気に増えた。

たとえば、メキシコ人の女性と、英語で会話するみたいな感じ。

世界中にアニメオタクが溢れていたから、この手法は成功した。

でも、やっぱり、英語圏の人と、会話がしたい。

それで、思いついたのがフィリピン人とのランゲージエクスチェンジ。

当時、スカイプ英会話が流行っていた。

私は、その格安料金すら払うことができない程、極貧状態だったのだが、、、

言語交流サイトでフィリピン人の学生にメールを送ったら、返信率が高かった。

そんな体験があったから、フィリピン人との交流は大歓迎だった。

でも、私が、出会い系で知り合ったフィリピン人女性は、少し様子が違う。

やたらと、セクシーさをアピールして来る。

フィリピンに住んでいる人なのに、すぐにでもセックスがしたい!ってアピールするような勢い。(実際、そんなストレートな言葉は書けられていないが。。。)

出会い系サイトの場合、サクラが存在する。

有料サービスに移行してもらうために、セクシーな金髪美女がメールを送ってくることがある。

でも、このフィリピン人女性は、なんとなくサクラとは違う気がした。

直感で、そう感じたのだ。

それで、フィリピン人女性について調べていたら、結構面白いことがわかってきた。

エロいフィリピン人のダンサーが日本から消えた

もう何十年も前のことだが、フィリピン人が日本に溢れていた時期があった。

若くて、セクシーで、人なつこい。

そんな女性が、オッサンになついてくれる。

オヤジたちは大喜びだった。

そんな時代があったのだ。

しかも、フィリピン人女性は、セクシーなファッションを着ることにあまり抵抗がなかったようだ。

当時、日本では、ボディコンファッションが流行っていたが、フィリピン人の美女もボディコンで、客を相手にしていた。

まぁ、私は、その世代ではないので、フィリピン人女性のお店を体験したことは無いんだけどね。

その頃は、大量にフィリピンから日本に美女が来日していた。

でも、こういった、風俗系の仕事(水商売)をするためにビザを発行することが禁止されることになったらしい。

その結果、若くてピチピチのフィリピン人が日本から消えた。

今でもフィリピン人のパブがあるが、これらは、日本人と結婚している女性達がはたいている店。

つまり、日本人の妻になることで、滞在の許可を得ているのだ。

一時期は、不当な結婚が話題になったこともあるが、規制が厳しくなって、最近は若いピチピチのフィリピン人ギャルがパブで接客することもないらしい。

これに、がっかりしているのは日本人のオッサンだけではない。

一番、がっかりしているのはフィリピン人女性らしいのだ。

日本に来れば稼げる。

それなのに、ビザの問題で、日本で働けない。

そういった事情があるのだ。

つまり、一部のフィリピン人女性たちは、日本人と結婚すれば、日本で稼げる!と考えるというのである。

だから、海外の出会い系サイトでは、日本人との結婚を迫るフィリピン人が多くいるらしい。

まぁ、それを逆手にとって、エッチなことをしまくっているゲスな日本人男も多いのかもしれない。

こういうアンダーグランドな世界を知ってから、私は、フィリピン人との交流が面倒臭くなってしまった。

最近は、真面目に日本語を学ぶフィリピン人女性も多いんだけどね。

そういう相手とうまく出会えれば、ラッキーかもしれない。

スカイプ英会話から恋愛に発展させるおっさんも多い

スカイプ英会話って、オッサンたちは、女の子で先生を選ぶよね。

ひと月、数千円で、フィリピン人女性と話し放題。

しかも、若くてピチピチの女の子。

これて、オッサンたちからすると、超ラッキーな環境だよね。

しかも、彼女たちは、オッサンたちにも優しく接してくれる。

女の子目当てで、スカイプ英会話にハマる人も多いらしい。

単に、レッスンをするだけではなく、フェイスブックでも先生とつながる人も多いのだ。

っていうか、フィリピン人の女性講師が、フェイスブックで生徒を探してるってケースも多い。

先に、フェイスブックで友達になって、それから、レッスンの申し込みをするってパターンもありなのだ。

フェイスブックでつながっておけば、レッスン以外でも交流できる。

個人的なメッセージのやり取りができるからだ。

女性講師も、たくさんの指名をもらいたいから、積極的に生徒と交流すると推測できる。

こんなことをしていたら、必然的に先生と生徒は親密な関係になる。

フィリピン人講師のフェイスブックを見ると、日本から生徒が遊びに来たって言って、、、一緒に撮った写真が掲載されることもある。

こうやって、フィリピン人にのめり込む日本人のオッサンが多いんだろうね。


<<< 【特集記事】ネットで外国人の彼氏を検索する裏技

関連記事

ページ上部へ戻る