女の台湾旅行※台北のネイル店で台湾人の彼氏を作る方法

  • 2017-6-6
今回は、忘れないうちに書いておきますね。

私が、外国人の恋人が欲しくて登録していたアプリは、『ジェーピーマッチ』です。

日本人向けのアプリですが、日本に住んでる外国人が多いので当時は、便利だったんですよ。

最近は、Facebook系に外国人が多いですよね。特に『Omiai』は、鉄板アプリです。

-----------


台湾旅行に行った時に西門町でナンパされました

出会いきっかけは、台北の渋谷と言われる街“西門町”を散策していた時でした。

地図を見ながら行きたいところを探していた時に2人の男性がどこ探してるの?と話しかけてきました。

探していたネイルの店まで案内してくれました。お店の人に私のネイルはどのくらいの時間がかかるかと勝手に聞いていて、後で迎えに来るよ!と言って去って行きました。

ネイルが終わる頃、本当にまたやってきました。

今から飲みに行くけど一緒にどう?と誘われ、2人とも話し方なども親切で爽やかだったし、悪い感じはしなかったので行ってみることにしました。

彼らがよく行くというBARに行き最初はちびちびと飲んでいましたが、途中からテキーラの飲み比べが始まり音楽もノリの良い音がかかっていて、3人ともかなり酔っ払ってしまいました。

男性2人のうちのひとりはそのBARの近くに住んでいる既婚者だったので、そのまま帰宅し、もう1人が私を宿泊していたホテルまで送ってくれることになりました。無事にホテルの玄関まで送り届けてくれて連絡先を交換し、彼は帰って行きました。

台湾と日本の遠距離恋愛スタート

日本に帰国してからは、毎日のようにMailで連絡を取り合いました。

お互いの仕事のことや家族のことなどいろいろな話をして、初めての国際恋愛だったので新鮮でとても楽しかったです。

彼が仕事の休みを取って日本に来るのはなかなか難しく、私が有給を使って台湾に会いに行っていました。

空港に車で迎えに来てくれて、台北市内だけではなく、観光客があまり行かないような郊外なども連れて行ってくれて。現地の人と付き合うとディープなその国が垣間みれるなぁ~と嬉しかったです。

毎年、年越しにある台北101の花火へは、車や地下鉄で行くと帰りがかなり混み合うとのことで、台北101から割と近くに住んでいる彼の妹夫婦の所までまず車で行って、車を置いて妹の原付を借り二人乗りして花火を見に行く。

まるで台湾人になったような気分でした。そうこう1年ほど付き合ってお互いの仕事が忙しくなり、なかなか連絡がつきにくくなり、分かれてしまいましたが、とてもいい経験になりました。

知り合った早い段階で彼の友達や家族に会うと安心

私の場合は声をかけてきてくれた人が善良な人で運が良かったのですが、世の中にはいろんな人がいるので、相手を良く見ないと簡単に騙されてしまいます。

その回避の方法のひとつとして、相手の友達や家族に合わせてもらうということ。彼の周りにいる人を知ることで、ある程度その人の人柄がわかると思います。

そしてその周りの友達であったり、家族であったりが自分に対して好意的かどうかでも今後の付き合い方に影響してくると思います。

お互い育った国や習慣などが違うので日本人と付き合うよりも警戒心は必要かなとは思いますが、文化や習慣の違いがとても興味深く面白いので、人生の経験値になります!


<<< 【特集記事】ネットで外国人の彼氏を検索する裏技

ページ上部へ戻る