大阪の英会話教室でアメリカ人講師を口説く方法※メモを渡す方法が大成功!

  • 2017-8-31
今回は、忘れないうちに書いておきますね。

私が、外国人の恋人が欲しくて登録していたアプリは、『ジェーピーマッチ』です。

日本人向けのアプリですが、日本に住んでる外国人が多いので当時は、便利だったんですよ。

最近は、Facebook系に外国人が多いですよね。特に『Omiai』は、鉄板アプリです。

-----------


私は大阪の英会話教室「イーオン」で、アメリカ人の英会話講師と出会いました。

その人はたまたま受けに行った校舎のクラスの担当の先生で、私はその先生に一目惚れしました。

その先生のクラスは合計2回しか受ける予定がなく、1回目の授業を受けてから次の授業の日までは約1週間あったのですが、「次の授業の時に連絡先を伝えないと、もう一生その先生に会えないかもしれない」と思い、2回目の授業の時に思い切ってその先生に連絡先を書いたお手紙を渡しました。

しばらくその先生から連絡がなかったため、結婚していたのかなと諦めようと思っていましたが、3週間経ってからその先生から連絡がきました。

それは、連絡が遅くなってごめんね、また一緒に飲みに行こう!という内容のメールでした。

諦めていたので、私は嬉しくて飛び上がりたい気持ちでした!初めてのデートでは、メキシカンのお店に行き、2時間ほど色んなお話をしました。

すると、結婚もしておらず、彼女も募集中でした。それから数回デートを重ね、私たちは付き合うことになりました!あの時連絡先を渡していなかったら、こんな関係になることはありませんでした。勇気を出してお手紙を渡して本当に良かったです!自分の直感を信じて、好きだと思ったらちゃんと気持ちを伝えることが幸せに繋がるんだと実感しました!


<<< 【特集記事】ネットで外国人の彼氏を検索する裏技

ページ上部へ戻る