アメリカ人の告白アプローチ※【兵庫県尼崎市】日本語ペラペラ男に口説かれてみた!

  • 2017-8-31
今回は、忘れないうちに書いておきますね。

私が、外国人の恋人が欲しくて登録していたアプリは、『ジェーピーマッチ』です。

日本人向けのアプリですが、日本に住んでる外国人が多いので当時は、便利だったんですよ。

最近は、Facebook系に外国人が多いですよね。特に『Omiai』は、鉄板アプリです。

-----------


彼とは、兵庫県尼崎市にある共通の知人宅で、紹介という形で出会いました。その知人(Aさん)の子供(Bさん)が留学中に出会ったのが彼で、Bさんを頼ってよく日本に遊びにきていました。彼はアメリカ人と日本人のミックスで国籍はアメリカです。

私の性格をよく知っているAさんが、彼と私が合うんじゃないかと気を利かせてくれ、彼が日本に遊びに来ているときに出会いの場をセッティングしてくれました。彼の日本語レベルは上級、私の英語は初級レベルということでコミュニケーションは困りませんでした。それななりに話も盛り上がり、連絡先を交換して彼はアメリカへ帰っていきました。

毎日のようにLINEで連絡を取りあっていました。アメリカでは日本のように「付き合ってください」「はい、お願いします」のようなやり取りはないのですが、Bさんから日本の恋愛についてのアドバイスをもらってたらしく、「付き合ってください」と言ってもらい、恋人同士の関係になりました。

アメリカで一緒に暮らしたこともありますが、ジャパニーズアメリカンとはいえ、中身はまるっきしのアメリカ人。たとえば、
・ご飯の時のドリンクは朝、昼、夕関係なく、いつでもコーラ
・郵便物を取りにいくぐらいなら裸足で外にでる
・シャワーは朝のみ、着替えずにベッドに入る
・アメリカンフットボールのシーズンが始まったらテレビから離れない

など、理解に苦しむ場面もたくさんあります。一緒に生活するとなると、お互いにどこまで許せるかが大事なポイントになると思います。恋愛だけならまだしも、結婚を考えるならお互いに相当の覚悟が必要です


<<< 【特集記事】ネットで外国人の彼氏を検索する裏技

ページ上部へ戻る