トロント語学留学※恋愛事情※白人のクラスメイトを狙え!

  • 2017-9-2
今回は、忘れないうちに書いておきますね。

私が、外国人の恋人が欲しくて登録していたアプリは、『ジェーピーマッチ』です。

日本人向けのアプリですが、日本に住んでる外国人が多いので当時は、便利だったんですよ。

最近は、Facebook系に外国人が多いですよね。特に『Omiai』は、鉄板アプリです。

-----------


21歳の頃、カナダのトロントに約1年間語学留学していたことがあります。

そのとき通っていたユーロセンターという語学学校で、6歳年上のドイツ人男性と出会い恋に落ちました。

比較的レベルの高いクラスにいたので、クラスメイトの出身地はかなり多岐にわたっていました(レベルが低くなるほど日本人や韓国人などアジア系の占める割合が大きくなる傾向にあります)。私はそのクラスで唯一の日本人で、彼は唯一のドイツ人だったため、最初は互いに自国の言葉や文化などについて紹介しあったりする気軽な友達でした。

ところが、ホームステイをしていた家がたまたま近所で、学校の行き帰りも一緒にしたり休日も遊びに行ったりするようになり、だんだんと親密になるにつれて互いを意識し合うようになりました。

そんなある日、互いのホームステイ先の最寄駅でいつものように雑談をしていたら、突然キスをされて好きだと告白され、正式に付き合うように。翌日からは学校でクラスメイトたちの前でも平然とキスをしてくるようになり、私たちの関係はあっという間に学校中に知れ渡りました。

数ヶ月後、彼は帰国して就職することになっていたので、遠距離恋愛になってしまいました。彼がドイツに帰ってしまってからも毎日電話をしていたところ、ある日電話越しに突然”やはり耐えられない”と言われ、別れを切り出されるのかと思いきや何とプロポーズ。私は泣くほど嬉しかったのですが、まだ結婚するには若すぎると思い、今はできないと断るしかありませんでした。彼は待つと言ってくれたのでその後も関係は続きましたが、結局その数ヶ月後に、私の方が遠距離恋愛に耐えられなくなり、泣く泣く別れることに。

文化や言語の違いは努力で乗り越えられますが、やはり住む場所が遠すぎると何年も続けていくのは難しいと思います。


<<< 【特集記事】ネットで外国人の彼氏を検索する裏技

ページ上部へ戻る