表参道のカフェで22歳の外国人(白人)の彼氏を作る方法

  • 2017-9-2
今回は、忘れないうちに書いておきますね。

私が、外国人の恋人が欲しくて登録していたアプリは、『ジェーピーマッチ』です。

日本人向けのアプリですが、日本に住んでる外国人が多いので当時は、便利だったんですよ。

最近は、Facebook系に外国人が多いですよね。特に『Omiai』は、鉄板アプリです。

-----------


大学2年の時に半年ほど、オーストラリア人と交際していました。

出会いのきっかけは、バイト先だった表参道のカフェに彼が先輩として勤務していたことです。

当時私が20歳、彼が22歳でした。彼は日本語学を学んでいる大学生でした。

手作りのケーキなどのスイーツも出しているお店だったのですが、彼はあまり日本語があまり上手ではない(日常会話は問題ありませんでしたが)こともあって仕込みの担当として勤務していました。

初日に挨拶をしたのですが、私が一目ぼれ。大学で英会話のサークルに入っていたこともあり、英語には興味があったので英語の練習がしたいという名目で自分から積極的に話しかけました。すると彼の方からご飯に誘ってくれて、頻繁に飲みにいくようになりました。私が好意を抱いていたことは彼も分かっていたので、出会ってから2週間ほどで付き合うことに。

ただ、付き合ってからはなかなか分かり合えないことが多かったです。最初は私の英語の勉強に付き合ってくれていましたが、やはりたどたどしい私にイライラしてきてしまいました。そのイライラを隠してもくれず、かなり傷つきました。彼は日本のことを勉強している学生だったので、日本のことについてよく質問もされましたが、私が答えられないとかなりがっかりもされました。

知的な女性が好みだったのだと思います。私が彼のことを好きだったので半年ほど持ちましたが、フラれてしまいました。
海外の男性は自立した女性を好む場合が多いようなので、日本人女性特有の子供っぽい感じではなかなか難しいのかもしれません。


<<< 【特集記事】ネットで外国人の彼氏を検索する裏技

ページ上部へ戻る