韓国語学校に通う私が日韓交流会に行って韓国人彼氏を作ったぁ!

  • 2017-10-9
今回は、忘れないうちに書いておきますね。

私が、外国人の恋人が欲しくて登録していたアプリは、『ジェーピーマッチ』です。

日本人向けのアプリですが、日本に住んでる外国人が多いので当時は、便利だったんですよ。

最近は、Facebook系に外国人が多いですよね。特に『Omiai』は、鉄板アプリです。

-----------


もともと韓国が大好きで、新宿にある日韓交流会にも顔を出し、神田にある韓国語学校にも通い、とにかく韓国人と知り合うのが楽しかった時期が私にはありました。
日韓交流会で知り合った日本人の女友達が紹介してくれた韓国人の彼。

第一印象は「可愛い」の一言でした。まぁ、年下だったから、っていうのもありますけどね。

女友達や彼の韓国人の友達も含めてみんなで飲みに行った時、日本人男性だったら絶対にしないような行動に。例えば、横に座っておつまみのチーズを口にあ~んしてくれたり(拒むと怒る)、私がトイレに行くときには必ずお供してくれたり、ミカンの皮をむいてくれたりと、至れり尽くせり。

それまで、愛情表現を大げさにはしない年上の日本人男性とばかり付き合ってきたので、それはもう新鮮でしたね。
実は彼が留学を終えて韓国に帰る日が近かったので、そんなに長続きするとは思ってなかったんですが、彼が帰国した後も、1年近くは遠距離恋愛を続けていました。
でもやっぱり、私は社会人、彼はまだ大学生だったので、だんだん気持ちのズレが生じてきて、結局彼は自分が高校時代に付き合っていた彼女と再会してヨリを戻し、私は振られました。

国際恋愛、いいと思いますよ。いい経験になるとは思います。でもその分、傷つくことも多いかも知れないです。言葉の問題で、微妙なニュアンスが伝わらなかったりもしますしね。

相手が日本人だったらしないですむ心配もあったりします。もし、このまま付き合って結婚することになったら?とかね。
でも恋愛そのものが自己責任なので、自分でちゃんと全てを受け入れられる(受け止められる)のなら、問題ないでしょう。人生は一度きり。国際恋愛、バンザイ~!


<<< 【特集記事】ネットで外国人の彼氏を検索する裏技

ページ上部へ戻る