どぶ板通りのアメリカ人のナンパ事情※横浜は国際結婚の街だったぁ!

  • 2017-10-9
今回は、忘れないうちに書いておきますね。

私が、外国人の恋人が欲しくて登録していたアプリは、『ジェーピーマッチ』です。

日本人向けのアプリですが、日本に住んでる外国人が多いので当時は、便利だったんですよ。

最近は、Facebook系に外国人が多いですよね。特に『Omiai』は、鉄板アプリです。

-----------


アメリカ海軍、横須賀基地の近くの、どぶ板通りにあるジュディーと言うバーで、当時アメリカ海軍に付属していた旦那と出会いました。

これは、20年以上も前の話なので、このバーは今はもうないと思います。

出会ったきっかけは、友達の一人にアメリカ人の彼氏がいる子がいて、彼らのデートに一緒に着いて来て欲しいと頼まれたので他の友達も誘ってそのバーに出かけました。

旦那も、そのバーで友達と飲んでいて、私達が近くに座ったのが話をするきっかけです。

それから横須賀市内や横須賀基地内、私の実家の近くの横浜等でデートを重ね、2年後にプロポーズされたので、彼の御両親にあいさつに行く為と、本当に生活していけるかの下見と言う事でアメリカに一週間ほど行き、その後アメリカに移住し、アメリカで挙式をあげる為、私の家族、友人達を招き、その後グリーンカード習得の為に奮闘し、今に至ります。因みに、アメリカ在住20年になり、三人の子供達に恵まれました。

国際恋愛した感想は、英語が苦手だったため、デートの時は辞書片手によく勉強しながらコミュニケーション頑張ったなと言うのが感想です。でも、お互いに違う言語や文化に触れて、いつも新鮮な気持ちで新しい発見等あり、楽しかったです。

楽しい事ばかりではありませんでしたが。国際恋愛に憧れてる方々へのアドバイスとしましては、まず彼の国の言葉や文化を受け入れて学ぼうとしないと、後で辛くなるかもしれません。特に将来、彼と海外に移住しようと考えている場合は、それなりの覚悟が必要です。言語と文化の違いの為、ホームシックになったりする人がいたりします。また、思った事、感じた事、嬉しかった事、不満等、ちゃんと言葉にしないと伝わりません。その上で色々話し合うことが長続きの秘訣だと思います。

これは、人によると思いますが、外国の方々はスキンシップを日本人より大切にすると思います。後は、色んな人がいますが、外国人も同じ人間、お互いを受け入れて、ちゃんと話せばうまくいくと思います。ただ、外国人の人達の中には、日本にいる間だけの遊び相手と割り切って日本人の方々を見る人達も沢山いるので、ちゃんと見分けられる目と覚悟も必要だと思います。いい恋愛が出来ますよう応援しています。


<<< 【特集記事】ネットで外国人の彼氏を検索する裏技

ページ上部へ戻る