東京都府中市※神社の祭りでドイツ人の彼氏ができた※【注意】時間に厳し過ぎる!

今回は、忘れないうちに書いておきますね。

私が、全盛期に、外国人の恋人が欲しくて登録していたアプリは、『ジェーピーマッチ(http://jp.match.com/)』です。

日本人向けのアプリですが、日本に住んでる外国人が多いので当時は、便利だったんですよ。

>>> 【関連記事】ジェーピーマッチで外国人を検索するには?

最近は、Facebook系に外国人が多いですよね。

Omiai』は、鉄板アプリだし、『Pairs』や『Matchbook』も外国人参加者が増えてる。

では、今回の記事は、、、、


ドイツ人の彼とは東京府中市の大國魂神社のお祭りで出会いました。当時彼は23歳で、私は25歳でお互い恋人もいませんでした。

関東圏内でいろいろな祭りに友人と週末出かけていましたが、ここのお祭りで彼に声をかけられたことが交際のきっかけです。同じ出店で待っていてその待ち時間の間に声をかけられて、彼も感じがよく、とても一生懸命こちらの話を聞いてくれたので、そこで連絡先を交換しました。

彼は語学勉強のために日本に来ていて2年半日本にいるということで日本語もある程度のものは伝わっていましたので、それまで国際恋愛をしたことがなかった私ですが言葉が通じるのであれば普通の日本人同士の恋愛と比べても変わらないのではないかと思い、交際の申し込みをお受けすることにしました。

それまではドイツについて調べることもなかったため、彼がどんな国で育ってきたのかなどを何も知らずにお付き合いをはじめたため、ふとしたことでの価値観の違いを感じることがとても多かったです。

のちにどうしてこんなに喧嘩が多いのだろうと思ってドイツ人の性格と調べてみるとやはりいちばん最初に出てくるのが時間に厳しいということでした。

彼と遊びに行く時に待ち合わせをしても電車の遅延などで待たせてしまうことがあるとどうして遅れたのかと毎回聞かれていました。

日本人の彼と付き合っている時には遅延はじぶんの責任ではないということでそれ以上責められることはありませんでしたが、ドイツ人の彼の場合はどうしてもっと早めに出なかったのか、ほかの交通機関はなかったのかということで責め立てられることが続き、私がそれに耐えられなかったため、お別れすることにしました。

時間には厳しかったですが、レディファーストでとても優しい一面もありました。


<<< 【特集記事】ネットで外国人の彼氏を検索する裏技

関連記事

ページ上部へ戻る